FC2ブログ

《学会報告》第26回日本門脈圧亢進症学会総会(高槻 光寿)

令和元年9月12日(木)~13日(金)、山口県下関市、海峡メッセ下関にて第26回日本門脈圧亢進症学会総会が開催されました。以下は参加された高槻光寿先生からの報告です。


第26回日本門脈圧亢進症学会総会に参加してきました。長崎大学移植・消化器外科でのデータを発表しましたので報告させていただきます。今回は山口大学消化器内科の坂井田功教授が会長を務められ、下関での開催で、沖縄からは福岡経由でJR移動でした。会場の海峡メッセ下関は先鋭的な建物で、併設されている高さ153mの「海峡ゆめタワー」展望台からの眺めは素晴らしいそうです。登ってませんけど。
今回私は、以前から報告している生体肝移植における側副血行路処理の方針について最新データを提示致しました。末期肝不全では種々の程度で門脈圧亢進症に伴う側副血行路がみられるわけですが、手術中に処理すべきか否かは明らかな基準がありません。我々は術前の画像精査によるBRTOの可否と術中の門脈血流によって処理するか否かを決めており、明らかに側副血行路が発達している症例でも約2/3の症例は閉鎖せずに経過観察し、術後肝性脳症などの症状が出現した時点でBRTOにより治療する方針としています。術中に閉鎖せずとも90%の症例は問題なく経過し、肝性脳症などの症状が出現した症例も全例BRTOで治療可能でした。東京大の赤松先生も概ね同じ方針と報告されていましたが、京都大は原則として全て閉鎖する、とのことでした。まだまだ議論は尽きないようですが、我々の方針はバランスを考慮した有用な基準であると思っています。
Q:側副血行路はどのレベルで処理しているのか?処理した血管は長期的にも閉鎖されているのか?
A:術前精査でターゲットとなる血管は決まっており、術中にそれと認識されるものを、処理しやすいレベルで閉鎖している。特に大循環の近傍で、などは意識していないし、ちゃんと門脈血流を確認して行っているので問題ないと思っている。結紮した血管は長期にわたり閉鎖されている。