FC2ブログ

《学会報告》第74回 日本消化器外科学会総会(大野 慎一郎)

令和元年7月17日(水)~19日(金)、東京都港区、グランドプリンスホテル新高輪にて第74回 日本消化器外科学会総会が開催されました。以下は参加された大野慎一郎先生からの報告です。


演題名:長崎大学病院における膵臓移植

全体感想
外科領域で2番目に大きな学会ということで、多くの医師が参加し議論も盛り上がっていた。私のセッションは膵臓関係のマイナーなセッションであり、様々な疾患の発表が行われていた。今回は膵臓移植関連の上級演題はなく、その影響で膵臓移植関連発表は私を含めて2題のみであった。また今回は当科のクリクラを選択している4名の学生が参加し、学会の熱気に触れられたことが良い収穫であったと考えました。

質疑応答
①3例中2例でACR発症しているが、その場合は膵腎共に拒絶されるのか?
  当科症例の1例は腎のみの拒絶であった。膵腎同意移植であっても30%程度は片側臓器のみの拒絶であると報告されている。

②膵移植のスタートアップ成功おめでとうございます。今後も発展させてくださいとの感想を頂いた。