FC2ブログ

《学会報告》第65回 国際外科学会日本支部総会(山田 翔大)

令和元年6月22日(土)、東京都新宿区、京王プラザホテルにて第65回 国際外科学会日本支部総会が開催されました。以下は参加された学生の山田翔大さんからの報告です。


この度、移植・消化器外科の高次臨床実習生として、東京の京王プラザホテルで開催されました第65回国際外科学会日本支部総会に参加させて頂きました。進行から発表、質疑応答まで全てが英語で行われ、自分にとって難解であり、自分の未熟さを感じるとともに非常に刺激的な経験となりました。

本学会にて自分もつたない英語ながら質問をさせて頂きました。
【A case of Dermatomyositis Complicated by Advanced Gastric Cancer】
Is there a relationship between the severity of symptoms of dermatomyositis and the complication rate of gastric cancer?
→It is known that Anti-TIF-γantibody and dermatomyositis symptom severity are correlated, but about the relationship between the severity of symptoms and the complication rate I don’t know.

的を射ていた質問であったかは定かではありませんが、学会で英語で質問できたことは、経験が0から1になったという意味で自分自身成長できたように思います。
最後にこのような貴重な経験をさせて頂き、感謝しています。今回の経験を糧に良き医療人になれるよう努力していこうと思います。ありがとうございました。