FC2ブログ

《学会報告》第31回日本肝胆膵外科学会学術集会(丸屋 安広)

令和元年6月13日(木)~15日(土)、香川県高松市、かがわ国際会議場にて第31回日本肝胆膵外科学会学術集会が開催されました。以下は参加された丸屋安広先生からの報告です。


6月13日―15日に香川県高松市で開催された第31回日本肝胆膵外科学会学術集会に参加して参りました。肝胆膵外科学会は初めて参加したのですが、国内学会ですが英語での発表が必須の学会ということもあり準備にいつもより時間がかかりました。留学生のフロリアンに英語を見てもらったこともあり、何とか発表から質疑応答まで英語で終わることが出来ましたが、改めて自分の英語力のなさを痛感しました。これにめげずに、英語も頑張って、きちんと英語でdiscussion出来るようになりたいです。また、うどん県ということもあり昼食は日髙先生、大野先生、フロリアンらと讃岐うどんを食べ歩きました。

発表内容 ポスター発表
Clinical outcome of deceased donor liver transplantation: a single center experience

質問
① 移植後の脂肪肝が肝線維化を進めるということですが、脂肪肝を防ぐために行っている取り組みはありますか?カルニチンがNASHに有効という報告もあるが、カルニチンは使用したりしていませんか?
→ 体重増加が起こらないように生活習慣管理が重要であると考えている。カルニチンは使用していません。今後検討してみます。

② 免疫抑制剤は通常通りの管理でしょうか?脂肪肝が進行した症例はステロイドの減量など行っていませんか?
→免疫抑制剤は通常通りの管理です。脂肪肝が進んだためステロイドを減量するということはしていません。