FC2ブログ

《学会報告》第31回日本肝胆膵外科学会学術集会(大野 慎一郎)

令和元年6月13日(木)~15日(土)、香川県高松市、かがわ国際会議場にて第31回日本肝胆膵外科学会学術集会が開催されました。以下は参加された大野慎一郎先生からの報告です。



演題名:The clinical outcome of total remnant pancreatectomy for pancreatic malignancy in single center experience.

全体感想:肝胆膵外科領域でこれから解決していくべき課題に対し、各国・国内high volume centerより発表があり、ためになった学会であった。夜は香川名物、骨付き鶏、うどんを堪能し昼・夜共に充実した学会であった。また私が留学していたTVGHのShyr教授、Wang先生も参加されており楽しい時間を過ごすことが出来た。

質疑応答:
①膵全摘後、血糖が安定しない症例に特徴はあるか?
  BMI上昇例も少なく、インスリン使用量とも相関しておらず明確な特徴は認めなかったが、術前インスリン量、耐糖能を細かく分析すれば出てくる可能性がある。

②脂肪肝が進行した症例は再発症例か?
  本コホートでは違ったが、示しておくべきであった。