FC2ブログ

《学会報告》第56回九州外科学会(山口 峻)

令和元年5月17日(金)~18日(土)、鹿児島県鹿児島市、鹿児島市町村自治会館にて第56回九州外科学会が開催されました。以下は参加された山口峻先生からの報告です。


この度、鹿児島県自治会館にて開催された、第56回九州外科学会 定期学術集会にて発表をさせていただきました。
5月17日は移動日でしたので、学会参加は5月18日となりました。
全体としての感想は、若手の先生、学生さん達が盛んに質問している状況であり、非常に質問しやすい状況でありましたので、僭越ながら自分も質問をさせて頂く事ができ良かったです。
発表演題、セッション、質問は以下の通りです。

発表演題「大動脈周囲リンパ節転移陽性胃癌に対するConversion surgery」
セッション「胃-2」
質問
①吉田Drの分類では、カテゴリー1になり、切除不能とは言えないのではないか。
→今回は切除不能として扱いました。
②NACとして行うのであれば、コース等は?手術のタイミングは?
→切除不能なので、本症例NACではありませんでした。現在、NACの試験はなく、至適なコース数については不明です。手術のタイミングに関しては、NACの場合は縮小、マーカーが安定したとき、切除可能となったタイミング等がありますが、詳細は分かっていません。
③郭清はどこまでやったのか?
→切除可能な部分を取りました。

全体として、発表がNACのようになってしまった事、大動脈周囲リンパ節転移に対するスタンスが発表内容から伝わりにくかったのではないかという事が質問内容から感じられました。