FC2ブログ

《学会報告》GBCC2019(久芳 さやか)

平成31年4月25日(木)~27日(土)、 韓国仁川のSongdo ConvensiAにてGBCC2019が開催されました。以下は参加された久芳さやか先生からの報告です。


タイトル“The efficacy of software to help patients understand drug costs for adjuvant treatment for breast cancer: A pilot randomized controlled trial”

GBCCは昨年から2回目の参加です。
まずは韓国の乳癌学会という位置づけで、すべての発表が英語でした。
韓国の英語力の高さに改めて驚かされました。
この学会では新しい臨床試験の結果を聞く場ではありませんが、著名な先生のreviewを聞くことができ、応募をすればTea with masterというsmall groupでのミーティングに参加できます(Ian Smith先生、Nadia Harbeck先生、Hope S Lugo先生などと直接お話ができました!!)。またJunior Doctor Forumに参加してアジアの若手の先生と交流ができたこと、とても楽しかったです。
ポスターセッションでは口頭発表はありませんでしたが、Lugo先生とのミーティングでは各先生にどんな発表をしたの?と聞かれました。しどろもどろでしたが内容を説明したところ、interestingと言っていただきました。USではコストの問題は重要だから、と。
またGood Poster Awardに選んでいただいたのですが、closing ceremonyに参加することが条件で、まさか選ばれるとは思わず早い便を予約しており、Awardはキャンセルとなりました。残念でしたが、本試験を頑張ろうと思います。