FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(久芳 さやか)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された久芳さやか先生からの報告です。


発表の時にはたくさんの先生が応援に来てくれました。
ありがとうございました。
質問
① 診療の時に費用のことまで説明すると時間がかかるのではないですか?
 →アプリで簡単に説明ができるので両群間で時間に差は認めませんでした。

② 自分はあらかじめ、薬剤費用の概算を行って患者さんに説明している。ケモカルクとどちらがよいか?
 →ケモカルクは無料でダウンロードできます。身長・体重を入れることで、どのレジメンでもすぐに概算が出ますので、医師の労力は省略できます。また再発乳癌の時など、より多くの選択肢を患者さんに説明できます。

また夜には高槻先生の琉球大学教授内定のお祝い会に参加でき、とてもおいしいお酒を飲めました。おめでとうございます。