FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(福山 俊一)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された学生の福山俊一さんからの報告です。


今回は大阪で主催された日本外科学会定期学術集会に参加させていただきました。今回の外科学会は消化器外科のみならず呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、乳腺外科の領域にまたがる大きな学会で、全国から外科医が集まっている学会であり、各分野に関する演題が日本中から集まっていました。

 学生として普段の診療には実習という形で関わっていますので先生方が手術、周術期管理をされる様子は知っていることもあったのですが、学会では普段診療されている先生が日ごろの診療の成果や研究を含めた新たな知見を発信している様子は新鮮でとても印象的でした。僕の中での外科医のイメージは手術をはじめとする臨床がやはり主で、IPS細胞を用いた再生医療や化学療法、ニボルマブといった幅広いトピックに関する議論が交わされていたのは普段の実習では体験しえなかったことです。こうして普段の診療が今までわからなかった治療の有意性や、または普段の診療で生じた疑問が知識として昇華されていくのだと体感しました。

今回こうした外科専門領域の集まりに参加して得ることのできたのは大きな経験です。今回の知見を活かして今後の実習頑張っていきたいと思います。今回日本外科学会に参加させてくださって本当にありがとうございました。