FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(円城寺 貴浩)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された円城寺貴浩先生からの報告です。


<全体の感想>
大阪で開催された学会で規模が大きく、また所々に笑いの要素がある大阪らしい学会でした。
小児外科での発表は他の部門に比べると少ないですが、LPEC術前の抗菌薬の使用についてや尿膜管遺残に対する治療法の検討など、興味深い発表もあり、大変勉強になりました。

<会場からの質問>
Q:片側が消失精巣の場合、正常側の腫大が見られることが多い印象であるが、今回の検討ではどうであったか。
A:印象としては腫大している精巣はなかったと思われるが、今回検討の対象とはしていなかったため、是非今後検討させていただきたい。
Q:前例審査腹腔鏡を行うこととすれば、MRIは必要ないと思われるが、どうか。
A:MRIについては、術前の腹腔内に他の腫瘤性病変が指摘されることもあり、当院では行うようにしている。

等の多くの質問をいただいた。答えられない質問もあり、自分の勉強不足を感じた学会であった。