FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(松本 亮)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された松本亮先生からの報告です。


演題名:消化管術後穿孔予防を目的とした自己筋芽細胞シート移植法のための大動物を用いた前臨床試験

<全体の感想>
大阪での学会で非常に活気のある学会でした。自分のセッション以外では大腸癌の手術のビデオセッションを聴講しナビゲーションを用いた手術やダビンチを用いたロボット手術など最新のトピックを聞くことができとても勉強になりました。
また、今回の演題でYoung Investigator’s Awardを受賞させていただきました。江口教授、金高教授をはじめご指導いただいた先生方、誠にありがとうございました。

<会場からの質問>
Q:ESDの潰瘍部での細胞シートの効果は分かったが、穿孔した症例に対しては高価があるのか。
A:穿孔モデルでの検討はしていないが、十二指腸でESDを行った際に微小穿孔をしたものは含まれており、微小穿孔に対しても穿孔の予防効果があることは確認している。
Q:細胞シートはどれぐらいの期間でできるのか。
A:骨格筋組織から筋芽細胞を分離してから2週間培養後に作成している。初代細胞を使用しており、継代は行っていない。

松本亮DR