FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(久保 亮太郎)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された学生の久保亮太朗さんからの報告です。


長崎大学医学部6年の久保亮太朗と申します。2019年4月18日~20日の日程で大阪にて開催された第119回日本外科学会定期学術集会に参加させて頂きました。過去に他の学会に参加したことはございましたが、流石は会員数約4万人を擁する日本外科学会だけあって、参加人数、セッション数、展示物、どれをとっても圧倒的な迫力がありました。また、今回の学会で主管を務めた大阪大学消化器外科は大変歴史と実績のある教室で、学会の至る所で教室のプライドが垣間見えました。19日の会頭講演では、大阪大学消化器外科教授の土岐祐一郎先生が、現在までの教室の歴史や研究業績に触れ、後半からは外科領域における働き方改革、AIとの共生をテーマに講演されました。大半の医学生の外科に対するイメージは、「とにかく多忙で、QOLは置き去り」というものでしょうが、外科を含めて日本の医学界全体が今、大きく変革に乗り出そうとしているのを実感いたしました。
今回、第二外科の先生方の講演を拝見させて頂きました中で、肝移植、肝細胞シート、ロボット型内視鏡操作支援システムなど、非常に先進的で個性的なテーマが数多くございました。地方大学でありながら、旧帝大と肩を並べる研究を推し進めておられる第二外科の先生方の下で学ばせて頂けることは大変有り難いことであると感じました。19日夜には、我々学生も高槻先生の祝賀会に参加させて頂きました。ポリクリ、クリクラで何度も熱心にご指導頂きました高槻先生から学べなくなるのは残念でございますが、新しい環境での益々のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。
最後になりますが、今回このような貴重な機会を設けて下さりました第二外科の先生方に心から感謝申し上げます。今年7月に東京で開催される第74回日本消化器外科学会総会では、「血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者における肝移植適応を考慮したスクリーニング」をテーマに私が発表させて頂きます。今回学んだ知識、経験を生かして、堂々とした発表ができるように準備を進めて参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


くぼ