FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(日高 匡章)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された日高匡章先生からの報告です。


・全体の感想
大阪での外科学会、前回は心臓血管外科の澤先生主宰でしたが、今回は、消化器外科の土岐先生でした。
大阪はパワーがあり、会頭講演も特に興味深かったです。通常であれば、教室の仕事を中心に紹介していくのが多いですが、今回の会頭講演は、外科医不足をどう解消するか、に焦点をあてていました。医局員が街頭で一般人にアンケートを行い、一般の人からどのように認識されているのか、また、他科との比較、若手の意識、色々な角度から、分析されていました。結局、外科医のポジティブなところを前面に出して、勧誘していこう、という、今回のテーマである「絆」につながる、とても印象深い講演でした。
また、中日に同門の先生方と、高槻先生のお祝いもしました。その席で、研修医の佐藤君が入局表明もしてくれました。
私は、昨年の論文のアンコール発表と、その論文をパネルディスカッションで発表しました。色々な先生方が注目して下さり、大変光栄でした。
今回、医局全体にとって、私にとって、とても印象に残る学会でした。



・発表セッション
1.アンコール発表 
vp1肝細胞癌に対する解剖学的肝切除の意義-九州肝臓外科研究会 多施設共同研究-
Impact of anatomical resection for hepatocellular carcinoma with micro-portal invasion (vp1): A Multi-Institutional Study by the Kyushu Study Group of Liver Surgery

これは、2018年発表された外科論文の中で、特に優れた論文として、選ばれました。3月突然、事務局からメールが来ました。
再度発表の雑誌に掲載された論文の中で、特にもう一度披露してほしいという依頼でした。
発表内容は、この論文の結果以外に、裏話や苦労話、も、織り交ぜて発表しました。
質問は、京都の瀬尾先生から、画像診断は、事務局で行ったのか?個別の大学で行ったか、でした。私の回答は、個別の大学で画像診断、病理診断も行ってもらいました。と返答しました。


2.パネルディスカッション18 系統的肝切除をめぐる諸問題-術式の選択と長期予後の観点から-
演題:vp1肝細胞癌に対する解剖学的肝切除の意義-九州内 多施設共同研究-

このセッション、東京女子医大 山本教授、日本大学 高山教授が、まず基調講演をされました。
その後、熊本大学、静岡がんセンター、大阪大学、京都大学、最後に私が発表しました。
この議論は、約30年以上にわたり、行われてきました。
肝細胞癌の癌進展、背景肝臓の予備能、多中心性発生など、色々な要因が影響するため、なかなか結論が出ないテーマです。
今回も、山本先生が最後に締められていましたが、患者さんにとって、一番いい結果になるように術式を決めること、また、手術を合併症なく、終えること、これにつきます、と言われていたのが、印象的でした。


アンコール発表

アンコール発表2

外科学会集合写真学生も