FC2ブログ

《学会報告》第119回日本外科学会定期学術集会(濵田 隆志)

平成31年4月18日(木)~20日(土)、 大阪府大阪市大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪にて第119回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された濵田隆志先生からの報告です。


ポスターセッション: 肝臓 基礎
胆汁うっ滞肝モデルにおける肝切除後の肝内リンパ管新生の影響

(全体の感想)
2年ぶりの日本外科学会でした。今回の外科学会は大阪開催であったこともあり、ユーモアの多い印象を受けました。個人的には大学院で研究をはじめて2年で、他の大学の基礎研究の発表を理解し議論することもでき、少しの成長を感じました。

(発表について)
 リサーチテーマである肝内リンパ管について発表した。

Q.胆汁うっ滞肝モデルでの肝切除はリンパ管新生が遅れることで、臨床的にどのような意味があるのか。それとも、ここまでの結果だけなのか。
A.肝内リンパ管を可視化することで臨床に応用できればと実験していたが、最終的に現象論までの解明となった。