FC2ブログ

《学会報告》第32回日本エイズ学会学術集会・総会(高槻 光寿)

平成30年12月2日(木)~12月4日(火)、 大阪府大阪市北区の大阪国際会議場/大阪市中央公会堂にて第32回日本エイズ学会学術集会・総会が開催されました。以下は参加された高槻光寿先生からの報告です。


大阪で開催されました第32回日本エイズ学会学術集会に参加してまいりました。本学会は世界エイズデー(12月1日)に合わせて開催され、私は最近、厚労科研「血液製剤によるHIV/HCVに対する肝移植の研究」(江口班)の関連でほぼ毎年参加しております。学会は血液製剤による感染のみならず、実に幅広く様々な角度からのHIV/AIDSに関するディスカッションが展開され、医学的のみならず、社会的にも重要な問題であることをあらためて認識させられます。今回私は、研究班の共催セミナー『HIV/HCV重複感染者に対する肝移植』にて「血液製剤によるHIV/HCV重複感染者に対する肝移植:本邦の現状」の演題で講演させていただきました。まず参議院議員の秋野公造先生が基調講演され、2009年に兼松班として本研究が開始される以前からの先生のご苦労を含め、現在も被害者の方々のためにフィブリノゲン製剤の保険適用を目指しての活動のお話など、本当に感動致しました。
また、Udine大学のRiccardo Pravisani先生は私のあとに我々との共同研究である“Different miRNA expression in transplanted livers of HCV mono-infected andHCV/HIV co-infected recipients”の話題を提供され、非常に興味深い結果で、今後の研究展開が非常に楽しみになりました。
学会後は江口教授、Riccardoと道頓堀に繰り出し、大阪名物「ソース2度づけ厳禁」の串カツを食べ打ち上げました。夜の大阪は相変わらずの賑わいでしたが、街を歩く大半(本当に90%以上と感じました)の方がアジアを中心とした外国人であり、現在まさに外国人雇用の問題が議論されておりますが、これだけ海外の方が日常に浸透していることに今さらながら驚きを感じました。エイズ学会だからではありませんが、冗談抜きで感染症の問題等が今後どんどん顕在化してくる脅威を強く感じた次第です。
HIV/HCV重複感染で肝移植が必要な方は潜在的にまだかなりの数おられる可能性があり、引き続き研究を継続してまいります。


IMG-1995 (1)