FC2ブログ

《学会報告》International Symposium for Commemoration of 5000 LDLTs at AMC(日高 匡章)

平成30年11月30日(金)~12月1日(土)、韓国ソウルのAsan Medical Center & Grand Walkerhill にてInternational Symposiumfor Commemoration of 5000 LDLTs at AMCが開催されました。以下は参加された日高匡章先生からの報告です。


11/29-30にかけて、韓国のアサンメディカルセンターへ、研究会に参加してきました。
アサンメディカルセンターでは、肝移植(生体、脳死)を5000例行い、その記念会でした。
11/29韓国に入り、夜は焼き肉屋でのレセプションでした。
11/30朝から生体肝移植のライブでもがありながら、色々なトピックでの講演、パネルディスカッションがありました。
ライブ手術は、レシピエント、ドナー1(腹腔鏡右葉グラフト採取)、ドナー2(開腹肝左葉グラフト)でした。
江口教授が、ドナーの合併症回避(How to avoid technical complication in donor hepatectomy)について、講演されました。
また、色々なセッションでディスカッションできました。
韓国は、肝移植数で日本を大きく上回り、年々、脳死も増加傾向にあります。
盛り上がっている韓国に負けないよう、日本からも情報発信、を、行っていかないと、と感じました。


DSC_0798_TRIPART.jpg

DSC_0795.jpg