FC2ブログ

Koo Foundation San Yat-Sen Cancer Centerに留学中の井上悠介先生より留学便りが届きました!

留学便り

11月より台湾のKoo Foundation San Yat-Sen Cancer Centerに留学しております、井上悠介(H16卒)です。こちらへは、主に大腸のRobot手術と、経肛門的直腸手術(TaTME)を勉強するために来ています。

病院の名前であるSan Yat-Senは、建国の父である孫文の英語名です。San Yat-Senが名前に入っている施設は台湾中にたくさんあるそうです。気候は非常に温暖で日中は半袖でも全然問題ありません。自宅周辺はマングローブの保護区に指定されており、緑豊かな地域でたくさんの白鷺が飛んでいます。また、大変明るい人が多く、おかげで楽しい毎日を送ることができています。

院内ではRobot手術の見学がメインになるのですが、手洗いをして術野に一番近い部分で勉強させていただいています。日本で保険収載されている直腸の手術だけではなく、右半結腸や左半結腸のRobot手術もたくさん行われています。また、時間がある時は、前立腺や腎臓、肝臓のRobot手術も見学させていただいています。日本で、業務時間中に他の手術を見学する機会はあまりないので、大変勉強になります。様々な手術にRobot手術が導入されており、今後は器機の発展と共にこの分野は更に広がっていくのではないかと感じています。

1月末までの短い期間ではありますが、可能な限り多くのものを吸収したいと思います。

井上悠介先生 留学便り①
病院正面

井上悠介先生 留学便り②
自宅周辺 淡水川

井上悠介先生 留学便り③
大腸グループ スタッフと