FC2ブログ

《学会報告》ACS Clinical Congress 2018(大野 慎一郎)

平成30年10月21日(日)~10月25日(木)、アメリカのボストンにてACS Clinical Congress 2018が開催されました。以下は参加された大野慎一郎先生からの報告です。


開催場所:Boston, MA
発表日:2018年10月21-25日
デジタルポスターセッション
演題名:Evaluation of perioperative factors of early recurrence after pancreaticoduodenectomy in resectable pancreatic head cancer.

感想:
ボストンで開催されたACS2018に参加してきました。ACSへは初めての参加でした。ボストンは冬支度が始まり肌寒い気候でした。しかし、NBA、NFL、NHLに加え、今年はレッドソックスがワールドシリーズに参加したこともあり、街は盛り上がっている様子で
した。学会全体の感想ですが、展示会場の企業ブースの多さには驚かされましたが、各分野の発表については盛り上がりはあるも、特にHPB分野においては目新しい発表は私が拝聴した範囲ではなかった印象でした。学会の合間にMITに留学している研修医時代の後輩のラボを円城寺君、哲翁君と訪れ世界の研究者がどのような環境で日々研究に打ち込んでいるのかを体感させて頂きました。

大野①
ハーバード大学(ハーバードさん像)

大野②
MITラボ

大野③
利根川進先生ラボ

MITは御存じのように世界最高峰の研究施設の一つで後輩が研究を行っているラボの目の建物にはCRISPER/CAS9を開発したDoudna先生のラボがあり、その横の建物にはノーベル生理学・医学賞を受賞された利根川進先のラボがあったりと誰もが知っている研究者が身近で研究している、世界をリードしているという雰囲気を漂わせていました。

e-Poster session
Evaluation of perioperative factors of early recurrence after pancreaticoduodenectomy in resectable pancreatic head cancer.
Q:どのような症例で術前化学療法を行うべきだと考えているか?やっているのか?
A:膵実質を超え浸潤を来しているような症例では術前化学療法を行うべきだと考える。た
だし実際の臨床ではまだ行っていない。

ボストン滞在後は強行日程で当科よりCleveland Clinicに留学している松島肇君の元を訪ねました。Cleveland Clinic は全米病院ランキングがメイヨークリニックに次ぐ、2位の病院で世界から患者が集まってきているとのことでした。

大野④

大野⑤

脳死肝移植は年間150例、小腸移植は15例と多くの移植を行っており、松島君も多数の移植に参加しており充実した毎日を送っているとのことでした。
貴重な機会を与えて頂いた医局の皆様に感謝致します。