FC2ブログ

《学会報告》第56回日本癌治療学会(哲翁 華子)

平成30年10月18日(木)~10月20日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて第56回日本癌治療学会が開催されました。以下は参加された哲翁華子先生からの報告です。


今回小林和真先生の御指導のもと、癌治療学会に参加させて頂きました。
まず、これほど多くの診療科が集まる学会、その上全国学会は初めての経験でした。会場は非常に大きく、各診療科別に基礎から臨床まで多くのトピックに溢れており、私は胃癌、大腸癌のブースをメインにまわりました。特に今回発表テーマであった大腸癌の化学療法については、当院と他院との治療法の違いや共通点など、参加された先生方のご意見を聞け、非常に勉強になりました。
自身の発表に関しまして、小林先生のテーマで、高齢者の進行大腸癌における経口5-FU製剤の有用性について発表しました。小林先生を始め、会場でも多くの先生にサポートして頂き、なんとか無事に発表を終えました。
質問は以下の通りでした。
経口5-FUとその他(FOLFOXやFOLFIRIなど)どのように患者に使い分けてるか→レトロの結果であり、今回の結果から、むしろPSのいい人にこそ経口5-FUを選び、2次治療、3次治療に繋げていくという結論がでた。(この質問は金高先生が助けて下さいました。)
二次治療以降のレジメンは→CPT-11単剤や、TFTD、RAS野生型であれば抗EGFR抗体薬を単剤で積みあげる、PSがよければIntensiveなレジメンも考慮する。
経口5-FU剤三種類の使い分けは→内服方法から患者の生活リズムに合わせやすいものや、有害事象で使い分ける。