FC2ブログ

《学会報告》第56回日本癌治療学会(金高 賢悟)

平成30年10月18日(木)~10月20日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて第56回日本癌治療学会が開催されました。以下は参加された金高賢悟先生からの報告です。


日本癌治療学会報告

1. ポスター
進行・再発大腸癌治療におけるRamcirumabの有用性の検討
内容)ガイドライン上、2次治療とされているramであるが、当科では3次治療以降にも投与しているため、その有用性を検討
質問)2次治療として、Bmabとramが投与されているが、その使い分けはどのように判断しているのか?
答え)ram導入前の症例ではBmabが選択されているのかも。今回の検討の結果、ras wildの症例の2次にはramの方がよさそう

2. 口演
Ramcirumabは胃癌患者の予後改善に貢献しているか
内容)ram導入による進行再発胃癌に対する効果について検討
質問)2次治療におけるCPT11とTaxの使い分けは?
答え)historicalな側面もある。現在は基本的にram+PTX
質問)3次治療はどうするのか?
答え)基本的にはCPT11になると思う。当科ではNivの使用経験はないが、今後の課題
座長よりコメント)レジメが多いので単純にramのon/offでの比較は難しい

3. 口演
胃癌における肉眼型は予後予測因子か?
内容)術前診断での4型は腹膜播種併存のリスク。術後4型は予後不良因子。
質問)4型胃癌の今後の治療ストラテジーは?
答え)今回の検討ではS1での補助療法は有効でなさそう。今後は術前化学療法になるが、JCOGの成績を見るとあまり期待できない
質問)4型は0-IIcから起こるのか、3型からのものも含むのか?
答え)明確な規定はないが、どちらもありうる。
質問)取り扱い規約に予後不良因子としてなぜ肉眼型がないのか?
答え)わかりません。客観性がないから?