FC2ブログ

《学会報告》日本消化器外科学会手術手技講習会(栗嵜 健)

平成30年9月14日(金)~9月15日(土)、静岡県熱海市にて日本消化器外科学会手術手技講習会が開催されました。以下は参加された栗嵜健先生からの報告です。


JESUS参加報告

長崎県島原病院研修医2年目の栗嵜健と申します。
2018年9月14-15日に熱海で開催された日本消化器外科学会主催のJapanese skill education for young gastroenterological Surgeons(JESUS)に参加させて頂きました。
天候はあいにくの雨でしたが、会場には北は北海道から南は沖縄まで全国各地から外科を志す101人の初期研修医が集結し、会場は熱気に包まれていました。講師陣方々も非常に多忙な中、全国から後輩教育に定評のある25名の先生方を迎えて、開催されました。豚の腸管を用いたAlbert-Lembert吻合、ラパロトレーニングボックスでの縫合練習、シミュレーターを用いた腸管縫合、講師の先生のセミナーと充実した1日でした。夜は講師の先生方が持ち寄った全国津々浦々の美酒を頂きながら同期や講師の先生方と色々な話に花を咲かせ、密度の濃い充実した時間を過ごしました。翌日はラパロのタイムトライアルで参加者が練習の成果を発揮していました。
今回、JESUSに参加させて頂いて、同じ志を持つたくさんの同期と関わりを持つことで、今後のさらなるモチベーションとなり、また、彼らに負けないように技術的にも人間的にも成長していきたいと思いました。このような素晴らしい機会を与えてくださった江口教授、足立医局長はじめ移植消化器外科の皆様に深く感謝申し上げます。