FC2ブログ

《学会報告》第28回九州内視鏡下外科手術研究会(夏田 孔史)

平成30年9月4日(火)~9月7日(金)、福岡市博多区の福岡国際会議場にて第28回九州内視鏡下外科手術研究会が開催されました。以下は参加された夏田孔史先生からの報告です。


セッション名:一般演題6
演題名:術後疼痛からみた腹腔鏡下肝切除における臍上下正中切開・恥骨上切開の比較

<全体の感想>
 九州内視鏡外科に参加して参りました。初参加でしたが非常に活気のある学会でした。
 
<会場からの質問>
Q:両者で疼痛は差がない、ということでいいのか?
A:差は認めませんでした。当科では臍切開によるGelPortを用いた腹腔鏡下肝切の有用性を報告しているが、その際にPfannenstiel切開を行っている施設といつも疼痛の程度についてdiscussionになるため、実際に疼痛の程度が違うのかを比較したのが本検討である。今回の検討から術後疼痛という観点からは臍切開はPS切開に劣らないと考えている。

Q:臍切開後に腹壁瘢痕ヘルニアを来した症例は?
A:今回の検討例では認めませんでした。