FC2ブログ

《学会報告》第16回日本臨床腫瘍学会学術集会【2日目】(小林 和真)

平成30年7月19日(木)~7月21日(土)、兵庫県神戸市の神戸コンベンションセンターにて第16回日本臨床腫瘍学会学術集会が開催されました。以下は参加された小林和真先生からの報告です。


2018/07/20:ポスターセッション P2-9 胃がん6
超高齢者(75歳以上)切除不能進行・再発胃癌に対するS-1単独または
S-1+Platinum 療法の検討
18:10〜19:10 神戸国際展示場 第2号館
司会:慶応義塾大学病院 腫瘍センター 浜本 康夫 先生

<全体の感想>
 1日目と同じ感想で恐縮ですが、ともかく暑い。
 本日はプレナリーセッションを聞いたが、殺細胞性抗癌剤についてはGC-07のDOC/S-1のみで、後は全て分子標的薬とPD-1抗体薬の話しであった。
胃癌のPemburolizumab vs PTXがnegative studyであったことの衝撃は大きかった。
セラピードッグというのがいて、かわいかったので、写真載せます。


③

さて、私のセッションはRmab+PTXの高齢者・大量腹水時の使用、mFOLFOXの検討などでありました。私の前は九州医療センターの楠本先生が高齢者Rmab+PTXの発表をされていました。

<会場からの質問> 
会場からは特になし。 
<座長からの質問>
Q:S-1+Ptで高齢者に重篤な有害事象はありましたか?
A:1例、脳出血がありました(正確には転倒して外傷性くも膜下出血)。

高齢者については、有害事象でmiserableになることも多いので、有害事象やgeriatric assessmentも考慮して検討を続けて下さいとのアドバイスをいただいた。

予行の際には、手術の検討がこれでいいかとの話題に終始していた。
S-1単独は明らかに併用に比し、less toxicであるとの結論で皆が納得していたが、
もう1回再確認し、結果の中に(結論は一緒でも)入れるべきと思いました。勉強になりました。