FC2ブログ

《学会報告》第73回日本消化器外科学会(中尾 優風子)

平成30年7月11日(水)~7月13日(金)、鹿児島県鹿児島市の城山ホテル鹿児島・かごしま県民に交流センターて第73回日本消化器外科学会が開催されました。以下は参加された学生の中尾優風子さんからの報告です。


7月11日~13日に鹿児島で行われた日本消化器外科学会に参加させていただきました。今回は、先生方の発表を聞くのはもちろんですが、私自身初めての学会発表の場ということもあり、思い出深い学会となりました。
私は学生・研修医セッションで、実際に実習中に経験した症例について発表しました。発表はなんとか制限時間内に収まったものの、その後の質疑応答では頭が真っ白になり、やはり自分ではどんなに周到に準備をしたつもりでも、発表は難しいということを実感しました。一方で、指導していただいた多くの先生方の発表を拝聴し、いつか自分もこんなふうにきれいに発表し、質問にも堂々と答えられるようになりたいなと思いました。また、学生・研修医セッションで他の方々の発表を聞いて質問したり、懇親会で他大学の先生方とたくさんお話したりと、様々な経験をすることができました。
今回、学会に演題を出すと決まったときには募集の締め切りが迫っており、そのときから先生方には本当にいろいろなことを教えていただきました。特に金高先生には、今振り返るとメールのやり取りだけで解決しそうな些細な疑問でも直接先生の所へ押しかけたり、先生が別の学会に参加中にもかかわらずメールを送ったりと、我ながら本当に手のかかる学生だったと思います。そんな私に対して、一度も嫌な顔をせず、ときには遅い時間までご指導してくださり、たくさん励ましの言葉をかけていただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
この学会を通して、一つの症例がどのような過程で症例報告になっていくのかを自分の目で見て知ることができました。また、今回私は実習や部活の合間をぬっての準備でしたが、同じような準備を先生方は日頃の診療や研究と両立させながら年に何回もおこなっておられるということを実感し、改めて素晴らしい環境の中で学べていることに気づきました。
これまでご指導してくださった金高先生、小林先生、砂河先生、移植消化器外科の先生方、本当にありがとうございました。