FC2ブログ

《学会報告》第73回日本消化器外科学会(荻野 恵梨)

平成30年7月11日(水)~7月13日(金)、鹿児島県鹿児島市の城山ホテル鹿児島・かごしま県民に交流センターて第73回日本消化器外科学会が開催されました。以下は参加された学生の荻野恵梨さんからの報告です。


私は、6ターム目で今回初めて学会に参加させていただきました。今回の消化器外科学会は日本で2番目に大きな外科学会で、鹿児島に着いてからは、駅から会場までのシャトルバスが何本も出ていたり、会場ではいくつもの発表が行われており、ただただその規模に圧倒されてしまいました。
 今回2日間の学会では沢山の発表を聞きましたが、どれも自分にとっては難しい内容でした。最初に見たのは安全な腹腔鏡下系統的肝切除についてのビデオシンポジウムで、日頃勉強してきた解剖、手術を行っている中で見たもの、症例で経験した術式が出てきたりと、少し理解できました。ビデオシンポジウムの発表は英語で、内容は完全には聞き取れませんでしたが、日本だけでなく、世界に向けて医療を発信していくには英語は必要であり、もっと勉強しようという意欲が湧きました。
 また、ミニオーラルでは、今回は他大学の学生の発表を聞くことはありませんでしたが、簡潔なプレゼンの仕方、スライドの作り方等、勉強になりました。先生方の発表を聞いて、私自身も将来学会で発表する機会があれば、物怖じせず、相手にわかりやすく伝え、しっかりと質問にも答えられるようになりたいと感じました。
 今回の消化器外科学会では、学会の楽しさを味わっただけでなく、自分の勉強に対する意欲もかきたてられました。また、学会では全国にわたる大学病院、市中病院の先生方のつながりの強さを感じました。学会に連れて行ってくださった第二外科の先生方、本当にありがとうございました。