FC2ブログ

《学会報告》第73回日本消化器外科学会(宮崎 健輔)

平成30年7月11日(水)~7月13日(金)、鹿児島県鹿児島市の城山ホテル鹿児島・かごしま県民に交流センターて第73回日本消化器外科学会が開催されました。以下は参加された学生の宮崎健輔さんからの報告です。


7/12,13の二日間、日本消化器外科学会総会に参加させていただきました。私は学会に参加するのが初めてで、本学会の規模に圧倒されたスタートでした。どの演題もスライドが英語で作られており、英語が苦手な私としては非常に難しく感じました。その中でも日本語での発表の演題にはついていくことができ、多くの知識を得ました。しかし発表自体も質疑応答も英語の演題は追うのがやっとであり、自分の勉強不足を痛感しました。将来的に英語が必要である場面を目の当たりにし、勉強のモチベーションが上がった学会でもありました。
内容自体は、素晴らしいものばかりで非常に勉強になりました。私は乳腺・内分泌班でお世話になっており、消化器に触れる機会が少なかったため、他の班を回っている同級生に質問するなどして、理解を深めることができたと感じました。我々では解決できなかったことも多くあり、持ち帰って先生方に教えていただこうと思います。
中でも印象に残ったのは膵体尾部のセッションです。長崎大学の先生の発表の内容が非常に画期的であり、他の先生方の反応が非常によかったのが印象的でした。新しい治療法を学会の場で発表できるような先生方に指導していただけるという、恵まれた環境で自分が実習をしていることを実感した瞬間でした。
残念ながら今回は質問をする機会がなかったですが、次回参加する機会があれば質疑応答の場を通して理解を深めることができる学会にするよう努力したいと思います。
最後になりましたが、今回学会に参加する機会を与えてくださり、ありがとうございました。この経験をこれからの勉強に活かしたいと思います。