FC2ブログ

《学会報告》第73回日本消化器外科学会(田口 裕香)

平成30年7月11日(水)~7月13日(金)、鹿児島県鹿児島市の城山ホテル鹿児島・かごしま県民に交流センターて第73回日本消化器外科学会が開催されました。以下は参加された学生の田口裕香さんからの報告です。


7/12-13の2日間、第73回日本消化器外科学会に参加させて頂きました。

初めての学会で、最初は会場の雰囲気に圧倒されました。しかし、普段あまり見聞きしない医療の研究面や先生方の姿はとても新鮮で、充実した2日間を過ごせました。

学会は自分が聴きたい発表を自由に聴けるスタイルが楽しく、様々な会場・発表形式を見ることが出来ました。形式が違えばプレゼンの仕方も少しずつ違っており、今後自分が発表する機会があれば、そうした部分も気を付けたいと思いました。

発表内容はやはり専門用語が多く(そして英語…)、プレゼンになかなかついていけませんでした。しかし興味が出たものも多くあり、様々な収穫がありました。特に、手術や術後管理などは全国一律だと思っていましたが、発表では各病院独自の工夫について話されており、とても面白いなと思いました。

これまで、学会発表がどういったものか、あまりよく分かっていませんでした。しかし、今回先生方の発表や質疑応答を見て、症例から知り得た事を他者に発信する事、またそれに対し様々な反応を得て検討を重ねる事の重要性を感じることが出来ました。

今回は聴く側としての参加でしたが、今後は発表者として参加出来るようになっていきたいと思います。

先生方、今回は貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました。