FC2ブログ

《学会報告》第55回日本小児外科学会学術集会(藤田 拓郎)

平成30年5月30日(水)~6月1日(金)、新潟県新潟市の朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターにて第55回日本小児外科学会学術集会が開催されました。以下は参加された藤田拓郎先生からの報告です。


日時:2018年5月31日
セッション:ポスターセッション2日目 低侵襲手技
演題:尿膜管遺残に対して腹膜外アプローチによる鏡視下手術を施行した2例

現在、東京にある成育医療センターに勤務しております平成27年度入局の藤田拓郎です。
今回、新潟県新潟市朱鷺メッセで開催されました日本小児外科学会総会に出席いたしました。東京から2時間程度と新潟は意外とアクセスの良いところだと思いました。日本中の小児外科医が集まっている全国学会ではありますが、意外とこじんまりしたアットホームな学会でほのぼのとした感じでした。発表に関しては2日目夕方からのポスター発表でしたが、意外とオーディエンンスも多く、その反応からは内容にも興味を持っていただけた印象でした。
最後に遠方にいるにもかかわらず、小坂先生をはじめご指導いただきました先生方誠にありがとうございました。

Q1 臍炎を起こしている症例が多いと思うが、腹膜との癒着が剥がせないのではないか?
本症例もどちらも臍炎の症例で、1例は3回ほど繰り返していた症例ですが尿膜管と腹膜は比較的容易に剥離可能であった。鏡視下の高い視認性があれば層構造を確認しながら炎症後の組織剥離も比較的容易にできると考えている。

Q2 尿膜管はすべて摘出する必要があるのか
やはり悪性化の可能性も否定できないものであり、当科とでは手術を行う以上は全摘を基本的な方針と考えている。