FC2ブログ

《学会報告》第30回日本肝胆膵外科学会学術集会(夏田 孔史)

平成30年6月7日(木)~6月9日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて第30回日本肝胆膵外科学会学術集会が開催されました。以下は参加された夏田孔史先生からの報告です。


セッション名:Video symposium 3 Laparoscopic Liver Resection from LDLT Donor
演題名:The efficacy of hybrid living donor hepatectomy: lessons learned from consecutive 120 cases in a single center

<全体の感想>
 江口先生にご指名いただき、LDLTドナーのセッションでハイブリッドの発表をさせていただきました。昨年お世話になった韓国SNUHからSuh先生も演者のお一人として招かれており、それ以外も錚々たるメンバーで非常に緊張しましたが、何とか乗り切れました(と思います)。

<会場からの質問>
Q:授動のための8cmの皮切でそのまま手術を続けてはどうか?
A:症例によってはそれで可能な場合もあるでしょうが、当科は全例10-12cmで統一しています。

Q:実質切離については気腹圧による止血効果が見込める分、pure-lapに軍配が上がるのでは?
A:確かにその通りで、当科でもHCCの手術でそれを実感しています。(江口先生がお答えしました)。

今回は立場上HBがいいよという発表でしたが、2番目の質問を加味するとGelPortを使ったPure-lapがドナーではベストということになるのかもしれません。今後どうしていくか、当科としての方針を考えていく必要があります。