FC2ブログ

《学会報告》第26回日本乳癌学会学術総会(小出 俊郎)

平成30年5月16日(水)~5月18日(金)、京都府京都市の国立京都国際会館にて第26回日本乳癌学会学術総会が開催されました。以下は参加された学生の小出俊郎さんからの報告です。


乳癌学会感想2018 小出俊郎

移植・消化器外科のクリクラの実習で5月17日、18日に日本乳癌学会に参加させていただきました。私にとって学会も京都も初めてであったため、とても貴重な経験となりました。
学会の場ではとても大勢の先生方が熱心に勉強しており、互いに熱い議論を交わしていました。病院ではあまり目にすることができない姿だったため、とても刺激を受けました。医師になってからも引退するまで勉強は続くと言われ続けてきましたが、やっとその意味をちゃんと理解できた気がします。
先生方の発表やそれに対する討論もとても勉強になりましたが、学会の場に設けられた企業ブースもとても興味深かったです。技術の進歩はそのまま医療の進歩に直結しているのでとても重要だと考えています。もともと私がそういった道具の開発には興味を持っていたのもあってとても刺激になりました。
今回の学会で得た刺激によって日々の実習や勉強に対する意欲が強くなりました。山之内先生、崎村先生、今回の学会に同行し、案内してくださりありがとうございました。