FC2ブログ

《学会報告》第72回手術手技研究会(井上 悠介)

平成30年5月11日(金)~5月12日(土)、徳島県鳴門市のルネッサンスリゾートナルトにて第72回手術手技研究会が開催されました。以下は参加された井上悠介先生からの報告です。


セッション名:サージカルフォーラム7 大腸②
演題名:整容性と操作性を意識した、EZアクセスによるlaparoscopic surgery

<感想>
手術手技研究会には今回が初めての参加であったが、名前の通り手術手技に特化した研究会であり、大変興味深い発表が多かった。中でも当院でも普段からよく行っている結腸右半切除術や左側結腸切除術に関しても様々な方法が試みられており、よりよい手術に向けてたくさんのヒントを得ることができた。定型化された手術であっても、更に質を上げていくことを目標としていきたいと思う。


<会場からの質問>
・EZアクセスを利用した手術は肥満体系の方にも有用でしょうか。
⇒高BMI症例に対しても、症例を選ぶことによって有効に使えると思います。