FC2ブログ

《学会報告》第118回日本外科学会定期学術集会(熊谷 香澄)

平成30年4月5日(木)~4月7日(土)、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて第118回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された学生の熊谷香澄さんからの報告です。


今回、第118回日本外科学会に参加して実際の学会の雰囲気を感じることができました。始めは、学会の規模と雰囲気に圧倒されましたが、内容が難しくなかなか理解できないながらも自分の興味のある演題をいくつか聴くことができました。現在の臨床で注目されている研究やめずらしい症例発表などもあり、これから一か月移植・消化器外科で実習を行うにあたって、今までとは違った視点から興味を持てるようになったと思います。
二日間の学会期間で一度でも質問ができればと思い集中して聴いていましたが、やはり理解が難しかったことと緊張も相まってできなかったことが心残りです。演題を聴き質問するにも、勉強ししっかりとした知識を身に着ける必要があるということがわかりました。
また医学部生のセッションもあり、自分と同じ学生が学会で発表していることに驚きと自分はまだまだ勉強不足だということを感じました。今後、学会での発表のような機会をいただけたら、積極的に参加していきたいと思いました。 
今回、このような貴重な経験をさせていただいた江口先生をはじめとする移植・消化器外科の先生方に御礼申し上げます。この経験を忘れずに、これからも良い医師になれるように努力していきたいと思います。ありがとうございました。