FC2ブログ

《学会報告》第118回日本外科学会定期学術集会(足立 智彦)

平成30年4月5日(木)~4月7日(土)、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて第118回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された足立智彦先生からの報告です。


第118回 日本外科学会 感想
ワークショップ:安全に配慮した高難度腹腔鏡下膵切除【Video】

感想
小開腹下再建を伴う腹腔鏡下膵頭十二指腸切除:低悪性度病変における検討のタイトルで、これまでの成績を発表してきました。日本の中でも症例が多いと思いますが、低侵襲性は証明できないが、安全性は変わらない/ 出血量は明らかに減る、の結果であり、それはどこも同じようです。出血量減/ 輸血量減により、これを悪性に適応することで、より予後延長効果が期待できるのではないかと実は考えています。胃や大腸で非劣勢しか証明できないのは、そもそもの手術侵襲がそれ程大きくないため、胆膵系の悪性の場合、逆に腹腔鏡のメリットが証明できそうな気がしてます。
学会では医局員の皆さんの発表を久々にいろいろと見せてもらい、みんな頑張ってるなと思い嬉しかったです。また、会期中に2名の方が来年の入局を表明してくれました。Memorial な学会になりました。