FC2ブログ

《学会報告》第118回日本外科学会定期学術集会(右田 一成)

平成30年4月5日(木)~4月7日(土)、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて第118回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された右田一成先生からの報告です。


日本外科学会に参加して
長崎大学病院 研修医2年次
右田 一成

今回、日本外科学会で研修医の発表セッションで症例報告をさせていただきました。今回の学会発表では抄録の時から指導医の先生に丁寧に指導していただきましたが大変いい経験になりました。スライドの作成時にも先生方の貴重な時間を割いていただき指導していただきました。学会での症例報告は医師になって初めての経験だったため先生方には大変ご迷惑をおかけしたことと思いますが、丁寧に何度もスライドの手直しをしていただきました。医局内での予行では江口教授をはじめたくさんの先生方から指摘を受けることで発表の内容的にもより良いものにすることができました。学会の発表当日もとても緊張しながら発表に臨みましたが、先生方と何度も予行を行ってきたので比較的落ち着いて発表に臨むことができたと思います。症例報告は振り返ってみると準備の段階ではとても難しかったですが、症例についてより一層深く学ぶ良い機会になったと思います。
また、自分の発表以外にもほかの医局員の先生方の発表を聞きに行ったり、自分の興味がある分野の発表を聞きに行くことができとても実りある学会参加になりました。今後もこのような機会があれば積極的に学会に参加し、発表を行いたいと思いました。
最後になりますが、今回このような機会を与えてくださった移植消化器外科のスタッフの先生方、丁寧な指導大変ありがとうございました。今後もご迷惑おかけすることもあると思いますがご指導よろしくお願いいたします。