FC2ブログ

《学会報告》第118回日本外科学会定期学術集会(原 貴信)

平成30年4月5日(木)~4月7日(土)、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて第118回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された原貴信先生からの報告です。


日時:平成30年4月 7日(土)
セッション名:サージカルフォーラム 
大動物モデルにおける胆管吻合部狭窄予防のための自家脂肪幹細胞シート移植の効果

<全体の感想>
会場が大きくて移動が大変でしたが、國土先生や幕内先生の講演を拝聴し、日本における肝臓外科の歴史を改めて感じることができました。毎年、外傷や急性期のセッションを聞きに行くのですが、今年は時間が合わず非常に残念でした。肝胆膵外科領域でも腹腔鏡関連の話題が多く、今後自分が肝胆膵外科医として鏡視下手術あるいは今後導入されるであろうロボット手術に携わり、上達していくにはどうしたらよいのかを考えさせられました。

<会場からの質問>
座長より
Q:シートは狭窄が完成してしまってから貼っても改善は難しいんですよね?
A:物理的な狭窄を広げる力はないと考えています。創傷治癒の初期段階で導入するのが良いと思います。