FC2ブログ

《学会報告》第118回日本外科学会定期学術集会(金高 賢悟)

平成30年4月5日(木)~4月7日(土)、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて第118回日本外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された金高賢悟先生からの報告です。


外科学会発表
質問:座長より。周術期の管理について質問。術後1日目から理学療法士とともに歩行開始、同様に1日目より経腸栄養を開始し、栄養状態や筋肉量の減少に注意していることを説明した。

学会自体の感想
胃、食道分野ではやはり食道胃接合部癌に関するセッションが注目。食道分野では以前から議論のあった胸腔鏡手術の体位(側臥位vs. 腹臥位)に縦隔鏡が入ってきていた。腹臥位側臥位に関してはほぼ各施設の慣れた方法で、との方向であるが縦隔鏡がどのように位置するのかが今後の課題。胃の分野では、肝転移の切除の有効性についてのセッションが近年多い。結論は出ていないが、肝切除が予後に寄与出来るcohortはやはり存在しそう。