FC2ブログ

《学会報告》食道内視鏡手術手技研究会(崎浜 直之)

平成30年2月9日(金)~2月10日(土)、福岡県北九州市の産業医科大学にて食道内視鏡手術手技研究会が開催されました。以下は参加された学生の崎浜直之さんからの報告です。


「食道内視鏡手術手技研究会」に参加して
 
今回、移植・消化器外科の先生方の勧めと助けがあり、北九州の産業医大であった食道外科の「食道内視鏡手術手技研究会」に参加させて頂きました。
 一日目の夜に講演会、二日目の日中にカバダーを使った手技の実際を見ることができ、専門的な内容ながらも外科の面白さや難しさ、そして先生たちの熱意を感じることができ非常に有意義で勉強になりました。
 一日目は、食道癌に対して縦隔鏡下食道切除術と腹臥位胸腔鏡下食道切除術をそれぞれ京都府立医大の藤原先生と北海道大学の七戸先生が講演してくださり、その中でも縦隔鏡下での手技に興味を持ちました。それは、去年、ポリクリで上部班を回っていた時、食道癌の手術は胸腔鏡下の手術のみ見学していたので、その手法が一般的であると考えていました。しかし、縦隔鏡下というものを初めて知り、かつその手法が熟練した技術が必要であるとはいえ、時間が従来のものよりかからず、反回神経麻痺などの副作用が少ないということで興味深く聞くことができました。
 二日目は、実際にフレッシュカバダーを使用し実際の手術手技を行うもので、今回、日本で3大学目ということでした。経験したことのある外科の先生が少ないこの実習を、学生の立場で参加させてもらえることにありがたさを感じ、少しでもわかるところを勉強していきたいと思いながら見学していました。
 この実習では、手術の手順、注意点などを先生方が解説しながら行ってくれることに意義を感じました。実際の手術ではわからないことがあっても聞きづらいことも多いですが、手技を行っている先生や金高先生が解説してくださるので、どのようなことを行っていて、何でオリエンテーションをつけているのか、何に注意しながら、どれを目標に手技を行っているのかを意識しながら手技を見ることができました。また、フレッシュカバダーを使用しているので、解剖実習とは違い、より実際に近いかたちで見ることができる点も、わかりやすく、実践的で良いと感じました。
 最後にこの2日間を通じて、貴重な勉強する機会を与えてくださった先生方、北九州まで連れて行ってくださった金高先生にお礼を述べたいと思います。ありがとうございました。


食道内視鏡手術手技研究会①

食道内視鏡手術手技研究会②