FC2ブログ

《学会報告》第39回九州肝臓外科研究会(辻田 啓子)

平成30年1月27日(土)、福岡市博多区の大塚製薬グループビルにて第39回九州肝臓外科研究会が開催されました。以下は参加された学生の辻田啓子さんからの報告です。


肝臓外科にどっぷり浸った土曜日でした。
私は1ヶ月間肝胆膵グループで勉強させて頂きましたので、私自身が参加した症例、手術と比較しながら各演題を聴くことができ有意義な1日でした。もちろん分からない部分も多かったですが、隣で曽山先生に解説を頂いたおかげで長丁場ではありましたが頑張れたかな、と思っております。先生方が手術方法、手順、手捌きなどを活発に議論されている姿を目の当たりにし、外科医が技術職であることを強く再認識致しました。また、手術適応など治療選択についての議論の際には選択肢に富む肝腫瘍ならではで、改めて奥深さを感じました。
本研究会の数日前に講義をして頂いた高見裕子先生が発表されている姿はとても格好良くすっかり私の憧れの存在です^ ^
懇親会、移動中には先生方とざっくばらんにお話でき進路に悩む一医学生としても良い機会となりました。
今回大変貴重な経験をさせて頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。

辻田啓子