FC2ブログ

《学会報告》第24回日本門脈圧亢進症学会(高槻 光寿)

平成29年9月14日~15日に東京都千代田区の東京コンベンションホールにて第24回日本門脈圧亢進症学会が開催されました。
以下は参加された高槻光寿先生からの報告です。



パネルディスカッション「CARTは肝性腹水の予後を改善するか」

全体の感想
このたび、東京大学名誉教授・国立国際医療研究センター理事長の國土典弘先生が主催された第24回門脈圧亢進症学会に参加してまいりましたのでご報告いたします。本会は本邦、いや世界的にも唯一の門脈圧亢進症に特化した学会で、同病態にまつわるありとあらゆる領域の研究者がそれぞれの成果を情報交換する場です。当然外科のみならず内科、放射線科、病理等、様々な診療科が色んな角度で議論するので、本当に勉強になる学会です。今回、私は肝臓手術後のCART(Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)の使用経験を報告しました。本法は難治性腹水の治療法として知られていますが、今回さらにそれを進化させて大量の腹水を一度に安全に除去できるKM-CARTの報告等を拝聴し、目からウロコでした。移植外科医としてはどうしても門脈圧亢進症を呈するような肝疾患はすぐに肝移植と考えがちですが、移植までのブリッジを含めて、治療の選択肢はまだまだある、と今さらながら感じた次第です。

Q:生体肝移植後の肝静脈狭窄の症例は、原因が明らかであったのでCARTしなくてもよかったのでは?
A:本症例は術後4か月で急激な腹水貯留があり腹部緊満著明であったので、症状緩和のためにまずCARTを施行した。その後吻合部にステントを留置して経過をみたがすぐには腹水が減らず、CARTを2回追加してようやく落ち着いた。

Q:移植症例は全体的にCARTの導入時期が少し遅かった?
A:発熱などの合併症があるので移植直後は使いにくいのが正直なところ。ただ、KM-CARTのお話など伺うと、同法であればもっと早く積極的に導入してもよいのでは、とも思いました。