FC2ブログ

大阪医科大学一般消化器外科に留学中の井上悠介先生より留学便りが届きました!

国内留学便り ~大阪医科大学 一般消化器外科から~
平成16年卒 井上 悠介

みなさんこんにちは。

今年1月から3か月の予定で大阪医科大学 一般消化器外科の下部消化管グループにお世話になっています井上です。こちらでは年間約500例の大腸手術が行われており、その症例数は日本でも指折りです。下部消化管グループは、がんセンター教授の奥田準二先生を筆頭に、スタッフ3人ローテーター1人が在籍しており、そこに私が加わって業務を行っています。
手術日は基本、月・水・金に、ほとんどが並列で行われており、手術が1例だけの日は滅多にありません。火・木・土にも何らかの手術が入ってくることが多々あります。私の初日(リサーチ明けでしたので、1年9か月ぶりの手術室でしたが)は、ラパコロン縦3件から始まりました。その後、1か月半で、約50例の手術に参加することができました。当初は、臨床の勘も大変鈍っており、精神的・体力的にも心配でしたが、周りの皆様に助けていただき、今では毎日楽しく忙しい日々を送っております。
また、手術だけでなく、カンファ、病棟業務、外来、患者説明などもチームの一員として受け持たせていただき、非常に勉強になっています。
残り約1か月となりましたが、少しでも多くのものを持って長崎に戻りたいと思っています。帰崎後には、写真入りの詳細な内容を、再度報告させていただこうと思いますので、皆様楽しみにしといてください。

ほな、さいなら!