FC2ブログ

《学会発表報告》第101回日本消化器病学会九州支部例会(藤井美緒)

平成25年6月21日(金)~22日(土)、北九州国際会議場にて第101回日本消化器病学会九州支部例会が行われました。
以下は、参加された藤井美緒先生からの報告です。



<全体の感想>
台風4号が到来し、悪天候の中での開催でした。
午後最後のセッションでしたが、若手の先生を始め、聴衆の先生も比較的多く来ていただきました。機器トラブルなどもありましたが、座長の先生のウィットに富んだお言葉かけなどもあり、わりあい和んだ雰囲気でした。

<会場からの質問>
Q:再発予防のための方策はあるのか。本症例では再発予防策を講じたか。
A:再発率は10%以上、文献的には腹膜を全切除する、手術中にセプラフィルムを使用する、免疫抑制剤の使用などの予防策が報告されている。今回は小腸の剥離操作は行ったが、現実的に腹膜全切除は困難であり、膿瘍形成をきたしていたこともあってセプラフィルム等は使用していない。またステロイドの予防内服などのmedicationも行っていない。