FC2ブログ

先端医療開発特区(スーパー特区) 「細胞シートによる再生医療実現プロジェクト」 第4回スーパー特区シンポジウムに参加してきました

平成25年2月21日 東京女子医科大学 弥生記念講堂で開催された、第4回スーパー特区シンポジウム に参加してきました。
当科からは、江口教授、山之内先生、虎島先生、堺先生、平原先生、Zhasulan先生、久保さん、井上、そして長崎医療センターから原口先生が参加されました。

シンポジウムでは、再生医療の実現に向けて、衆議院議員 冨岡先生、厚生労働省、経済産業省、文部科学省の各課長さんから提言があり、産業化と法整備が大切である点などが話されました。
また、共同研究施設からは、それぞれの研究成果、経過報告がなされました。
奇しくも当日の朝刊で、各産業が低迷している中、医療は産業として成長しているが、その中で日本企業は存在感を示しきれておらず、今後、より日本企業が成長できるような産業化、法整備を進めていくべきであるといった内容の記事がありました。
シンポジウムでも、同様に医療(再生医療)も産業の機軸として、日本経済発展を促すべく、安全性を確保しながらも、迅速に制度を整えていくべきだといった話であり、今後、再生医療を推進していく上では、企業との連携、産業化につなげていく事が重要になるのだろうと感じました。

今回、このような機会を与えていただき、江口教授をはじめ、教室員の皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。

文責 井上 諭