FC2ブログ

《抄読会》池田 貴裕

Long-term Risk of Colorectal Cancer and Related Deaths After a Colonoscopy With Normal Findings.
雑誌:JAMA Intern Med。
発行年:2019
PMID: 30556824

一般病院では非常に進行した状態の大腸癌患者が多く、検診は推奨しているものの、検診の効果や、具体的な指導に役立つ論文はないかと探して読みました。3つの米国消化器系学会が合同で示したガイドライン(2017)では大腸癌スクリーニングについて50歳以上で10年に1度の大腸カメラ、毎年の便潜血検査を推奨しており、その妥当性を評価した論文です。

要旨:
 米国の大腸癌スクリーニングに関するガイドラインは、内視鏡によるスクリーニングで正常所見(陰性結果)と判定された患者が、再度スクリーニングを受けるのは10年後でよいとしているが、この推奨を支持するエビデンスは限られていた。当研究ではCS陰性結果からの長期間の大腸癌発症リスクおよび大腸癌死亡リスクを調査することを目的とした。レトロスペクティブコホート研究であり、米国の医療保険団体であるKaiser Permanente Northern Californiaの加入者を追跡調査した。
スクリーニングは事変的なものとして調査された。全ての参加者は、スクリーニングを受けるまで、または追跡打ち切りとなるまでは、非スクリーニング群とした。スクリーニングを受けて陰性判定を受けた人は、打ち切りとなるまでスクリーニング陰性群として追跡した。主要評価項目は、Cox比例ハザード回帰モデルを用いて分析され、スクリーニング群では陰性判定から、非スクリーニング群ではコホート組み入れからの、大腸癌発症率と大腸癌死亡率とした。
非スクリーニング群を基準として補正した、スクリーニング陰性群の大腸癌発症のハザード比は、1年目が0。05(0。02-0。10)、10年目は0。54(0。31-0。94)になった。ガイドラインが再スクリーニングの目安としている10年後まで、相対リスクは一貫して(46~95%)スクリーニング陰性群が低かった。
非スクリーニング群を基準として補正した、スクリーニング陰性群の大腸癌死亡のハザード比は、1年目が0。04(0。01-0。17)、10年目は0。12(0。02-0。82)だった。12年後まで、相対リスクは一貫して(29~96%)スクリーニング陰性群が低かった。
大腸癌の分類として、右側大腸癌、左側大腸癌、早期癌、進行癌別に見ても12年以上にわたり相対リスクはスクリーニング陰性群が低かった。
 以上より、ガイドラインが推奨しているスクリーニング時期は支持されるが、再スクリーニングの時期による利益とコストについての検討が望まれる。


抄読会20190531-1

20190531-2.jpg

《抄読会》古賀 洋一

A defined commensal consortium elicits CD8 T cells and anti-cancer immunity.
雑誌:Nature
発行年:2019
PMID:30675064

免疫関係の研究をさせて頂いていること、消化管と関係がありそうなことより、検索して論文を読みました。腸内細菌叢と、CD8、感染、腫瘍との関係についてでした。

結論
健常人の便をマウスへ経口投与し、さらにそのマウスの盲腸内容物を別のマウスへ経口投与するといった実験を行った。次世代シークエンサーなどを用いることにより、IFN-γ産生CD8T細胞を強く誘導する11菌種を単離することに成功した。それらの菌種を投与することにより、感染症や腫瘍の増大を抑制することを、マウスを用いることによって示した。またこれらの11菌種は感染症や腫瘍に対する新しい予防や治療に役立てられる可能性を秘めており、さらなる研究を進めていく必要がある。


koga1.jpg

古賀-2

抄読会 2020年まとめ

1/10 濵田 隆志
1/17 岡田 怜美
1/24 三好 敬之
1/31 東 美樹

2/7 小坂 太一郎
2/14 松村 尚美
2/21 砂河 由理子
2/28 釘山 統太

3/6 古賀 洋一
3/13 Li Peillin
3/27 吉元 智子

《抄読会》濵田 隆志

Design and Fabrication of a Thin-Walled Free-Form Scaffold on the Basis of Medical Image Data and a 3D Printed Template: Its Potential Use in Bile Duct Regeneration.
雑誌:ACS Appl Mater Interfaces
発行年:2017
PMID:28322040

前回に引き続き、自分のリサーチテーマである人工胆管に関連する論文として、読みました。今回は、プリンターを中心に考察していた論文でした。

要旨
CTおよびMRIなどの医療用画像技術と組み合わせた3Dプリンターは、組織再生において大きな可能性を秘めている。本研究では、十分な機械的柔軟性を持ち、数十マイクロメートルの壁厚である超薄管状自由形状構造体を製造した。このような薄い形状は、3Dプリンターだけでは簡単に実現できない。したがって、型を3Dプリンターで作製し、生体材料のPCLをコーティングさせ、最終的に内側の型を除去することにより作製実現となった。作製された管を、ウサギの胆管に移植することにより、この新規の組織工学構築物の可能性を実証した。 MRIデータに基づく合理的なデザインからscaffoldを製造することができ、胆管再生に可能性を持つことを確認した。それに加えて、開発されたプロセスおよびscaffoldは他の軟組織工学分野、特に血管、気道、および腹部管状組織を含む分野においても広がることを期待されている。


濱田1

20190322 抄読会 資料-2

抄読会 2019年まとめ

2019年
1/11 山下 万平
1/18 小坂 太一郎
1/25 松本 亮

2/1 飛永 修一
2/8 前川 恭一郎
2/15 堺 裕輔
2/22 小林 慎一朗

3/1 円城寺 貴浩
3/8 哲翁 華子
3/15 山之内 孝彰
3/22 濵田 隆志

4/5 三好 敬之
4/12 松村 尚美
4/26 古賀 洋一

5/10 山口 峻
5/17 池田 貴裕
5/24 Florian Pecquenard
5/31 丸屋 安広

6/7 高槻 光寿
6/14 村上 俊介
6/21 小林 和真
6/28 田中 貴之

7/5 夏田 孔史
7/12 Zhou Wei

9/6 Meng Xianggue
9/13 右田 一成
9/20 川口 雄太
9/27 日高 匡章

10/4 足立 智彦
10/11 伊藤 信一郎
10/18 大野 慎一郎
10/25 森田 道

11/1 金高 賢悟
11/8 井上 悠介
11/15 久芳 さかや
11/22 Huang Yu
11/29 米田 晃

12/6 宮本 大輔
12/13 虎島 泰洋
12/20 江口 晋