FC2ブログ

第40回長崎障害者支援再生医療研究会が開催されました!

令和元年8月27日(火)、長崎大学医学部良順会館1階専斎ホールにおきまして、保健科学分野の佐藤克也先生を担当世話人とし、第40回長崎障害者支援再生医療研究会が開催されました。


一般演題
1.「当院における脳梗塞に対するヒト骨髄間葉系幹細胞の経動脈的投与研究」
長崎大学病院 脳神経外科 伊木勇輔先生
2.「皮膚創傷治癒における炎症関連miRNAの同定及びmiR-223の機能解析」
長崎大学病院 病理分野 森亮一先生

特別講演
『脳梗塞と炎症~神経組織の修復に向けた分子メカニズム~』
公益社団法人 東京都医学総合研究所
生体分子先端研究分野 能卒中ルネサンスプロジェクト
プロジェクトリーダー 七田崇先生

たくさんのご参加、活発な議論ありがとうございました。

IMG_1594.jpg

客員研究医が中国から来られました!(Zhou Wei先生)

客員研究医として、中国からZhou Wei先生が2019年1月25日(月)~8月5日(月)まで来られました!
留学中は、厚労省の短期免許を取得され、臨床業務の研修もされました。

ZHOU1.jpg

中尾病院長に表敬訪問しました
ZHOU2.jpg

UAE大学より留学生が来られました!!

留学生として、UAE大学からAISHAH ALZAHMI先生、REEM AHBAB先生が令和元年7月8日(月)~8月2日(金)、7月22日(月)~8月2日(金)まで来られました!

UAE.jpg

大塚敏美奨学基金式に行ってきました!(HUANG YU)

As a candidate of the 2019 Otsuka Toshimi scholarship foundation, I have the honor to participate its ceremony taking place in Kobe form 2-3 August 2019. Here, I will simply report my impressions in attending this good ceremony.

At the first day, all the candidates including me gathered together in Osaka in the morning. Then we took a long journey to visit the Tokushima Itano factory and Otsuka Museum of Art in Tokushima. In the Otsuka Itano factory, I met their big working place. Their great believe “the Otsuka-people creating new products for better health worldwide” impressed me the most. Under this thought, they made the word “Soylution”. It means the Otsuka Group will respond to global health and environmental problems with soybeans under the theme of Soylution: Soy + Solution. Three products SOYJOY, SOYSH and SoyCarat were made by them. In the art museum, many great art works are exhibited in this huge building. It is a visual feast with dazzling color and countless type of art.

On the second day, the award ceremony was held in Kobe Portopia Hotel. The representative director awarded us the certificates one by one. Followed by the ceremony, a toast party began. All the candidates together with all the staffs and representatives had a good time in this party for the delicious food, various drinks as well as performance donated by the multicultural students from all over the world.

By attending this ceremony, I get well communicated with other thoughts form the other side of the world. I also get well known of the initial thought of this foundation. What’s more, this journey it made me realize that only a good guiding ideology can make a factory gradually grow up. I would thank the Otsuka Toshimi foundation for lightening my financial burden and allowing me to continue to strive towards excellence in researches. Besides, I would also thank my professor and the second surgery group form the bottom of my heart. Without your help in my academic works and daily life in Japan, I can not go such a further way.

HUANG YU

医学生対象のアニマルラボ教育を見学致しました(砂河 由理子)

2019年6月28日、大分大学医学部 消化器・小児外科学講座で行われている、医学生対象のアニマルラボ教育を見学させて頂きました。
大分大学医学部では、SOLINE(Surgical Operation Laboratory for INnovation and Education)という名でアニマルラボ専門の設備があり、そこでは、消化器・小児外科だけではなく、心臓血管外科、呼吸器外科など多くの科が利用しているとのことでした。
私が見学させて頂いた実習は、6年生のクリクラの一環で行われている実習でした。クリクラのタームごとに行われており、今年は3回施行され、その1回を見学させて頂きました。豚さん1頭に対し、医学生6人が交代で術者・助手・スコピストとなり、腹腔鏡下直腸切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下胃切除術を指導のもと施行する実習でした。術前には獣医さんからの倫理講習を受け、その後実習となり、実習は、お昼休憩を含めて9時半から16時まで通しで行われていました。麻酔や外回り、手術指導に医師が総勢11人で、学生1人1人に対し、時間が許す限り指導を行っておりました。実際、満足度が高く、その評判から年々希望者は増えているとのことでした。
学生指導もさながら、外科医を一人前にするための、また、女性外科医の出産・育児後の復帰に対してのプログラムを見据えたシステム作りを目指してのものであるとのことでした。
当院で、全く同様の実習は困難と思われますが、そのコンセプトは重要なものであり、何らかの形で実現できたらなと感じました。
見学の機会を与えてくださりありがとうございました。


isagawa1.jpg