FC2ブログ

《学会報告》第37回 日本肝移植学会(大野 慎一郎)

令和元年7月25日(木)~26日(金)、京都市下京区、メルパルク京都にて第37回 日本肝移植学会が開催されました。以下は参加された大野慎一郎先生からの報告です。


ワークショップ1 脳死肝移植マージナルドナーの移植成績
演題名:Extended criteria donorからの脳死肝移植

全体感想
2年ぶりの肝移植学会に参加して参りました。本学会は移植担当医師だけではなく、消化器内科医師、麻酔科医師やコメディカルの先生も多く発表されており、肝移植に従事する皆で肝移植を発展させていこうという熱い思いが感じられるものであった。参加時間は限られていたが、大変勉強になりました。

質疑応答
①先生方のドナー選択基準は?
 現在は脂肪肝はHarvest時の評価で30%以内、線維化に関してはレシピエントの状況にもよるがF2までを許容している。AIHドナーからの移植を1例施行しているが、同症例はF2の線維化であったが、自己免疫疾患である為、ホストが変われば肝への自己抗体は働かないと判断し施行した。その後の大きな線維化進行は認めていない。

②HIV/HCV重複感染患者に対する移植を2例行っており、1例で線維化の進行を認めるが原因は?
 ARTの影響も否定できないが、一番の原因はDAAが一般的でなかったことが原因のHCV再燃であった。今後はDAAにより線維化の進行は抑えられると考えられる。

③線維化が進んでいる症例にはどのような特徴があるか?
 1例は糖原病の病勢悪化によるものと考える。またHIV/HCV感染のHCV再燃例も線維化進行を認めた。ドナー脂肪肝は当シリーズでは線維化進行の原因とはならないが、レシピエントの体重増は線維化に影響しており栄養管理が大切であると考える。

④プロトコールで定期的に肝生検を行っており、その後の経過が見られるは非常に意味があると考えます。今後も症例を蓄積して、御発表下さいとの感想を頂いた。

2019年度 初回AIミーティングを行いました!(小坂 太一郎)

2019年6月11日(火)

厚生労働省科学研究課題の「ロボット型内視鏡操作支援システムのAIによる高度化と各種医療機器統合インターフェースとしての展開」2019年度初回のミーティングを行いました。
長崎大学工学部 喜安教授、柴田教授にご参加いただき、各グループの進捗の報告と本年度のロードマップの確認を行いました。
中央大学 諸麥准教授にはテレビ会議システムで参加いただきました。
このプロジェクトも本年が科研の最終年となっており、いよいよ内視鏡ロボットの自動運転に向けて最終チェックに入れそうです。
どのような結果を出せるか、今から楽しみです。
完成に向けて全力で頑張ってまいります!



IMG_12721111.jpg

IMG_12731111.jpg

《学会報告》第31回日本肝胆膵外科学会学術集会(足立 智彦)

令和元年6月13日(木)~15日(土)、香川県高松市、かがわ国際会議場にて第31回日本肝胆膵外科学会学術集会が開催されました。以下は参加された足立智彦先生からの報告です。


Evaluation of the usefulness of pancreas enzyme supplementation to prevent the NAFLD after distal pancreatectomy

香川での学会。発表内容は、消化酵素を用いることで膵切後脂肪肝は抑制可能との前向き検討の結果。当初から当該セッションなかったのでポスター申請でした。英語学会となって数回目?ですけど、相変わらずdiscussionが低調なので、creditを取るためだけの学会になってる気がします。どうにかならないものでしょうか。
前日深夜に入って、翌日も本州往復したりしてバタバタしてましたけど、うどんだけは2回食べて帰ってきました。が、〇亀製麺って美味いってことを再確認した次第です。

琉球大学消化器・腫瘍外科(第一外科)の同門会・学術集会で講演してきました!(高槻 光寿)

令和元年6月8日(土)、沖縄県那覇市、沖縄県市町村自治会館にて琉球大学第一外科医局総会・同門会学術集会が開催されました。以下、高槻光寿先生からの感想です。


このたび沖縄県市町村自治会館で開催された琉球大学第一外科の同門会・学術集会で講演させていただきました。7月1日付で同教室を担当させていただく予定であるため、お声掛けいただいたのがきっかけです。私にとっても全くの新天地でありますので不安が多く、大変ありがたい機会でありました。講演のタイトルは『長崎での今までと沖縄でのこれから』とし、私が今まで長崎で行ってきた臨床・研究・教育を中心に自己紹介的な内容が主なもので、さらに沖縄での今後の教室運営について、私の現時点での考えを簡潔に述べさせていただきました。その後の懇親会では、琉球大第一外科開講の頃の長崎大学第二外科そして長崎医療センターとの関わりを懐かしく話される先生も多くおられ、今さらながら両教室の結びつきの強さを再認識致しました。
琉球大、ひいては沖縄県は現在外科医不足が深刻で、同門の先生方からもなんとかして入局者を増やしてほしい旨のお話が多く聞かれ、身の引き締まる思いを新たに致しました。
懇親会二次会では医局員の方々を中心に色々なお話ができ、赴任後の仕事・生活もだいぶイメージすることができました。
私の琉球大異動に関連することは、また別の機会に述べさせていただくことがあるかと思いますので、今回は詳しいところは割愛させていただきます。同門の先生・医局の先生方にはこのような機会をいただいたことに感謝申し上げるとともに、今後ともご指導・ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

第39回長崎障害者支援再生医療研究会が開催されました!

令和元年5月28日(火)、長崎大学医学部良順会館1階専斎ホールにおきまして、歯周歯内治療学の吉村篤利先生を担当世話人とし、第39回長崎障害者支援再生医療研究会が開催されました。


一般演題
1.「身体部位特異的な骨格筋の再性制御」
福岡大学 筋発生再生分野 吉岡潔志先生
2.「ヒトiPS細胞の低酸素培養におけるHIF(Hypoxia Inducible Factor)の働き」
長崎大学 歯周歯内治療学分野 杉本浩司先生

特別講演
『歯周組織再生治療における3D細胞培養の可能性』
広島大学 歯周病態学研究室 教授
栗原 英見先生

たくさんのご参加、活発な議論ありがとうございました。

再生医療1


今年度からはこのメンバーが担当致します
DSC03769.jpg