FC2ブログ

《学会報告》第81回 日本臨床外科学会総会(川口 雄太)

令和元年11月14日(木)~16日(土)、高知県高知市、ザクラウンパレス新阪急高知にて第81回 日本臨床外科学会総会が開催されました。以下は参加された川口雄太先生からの報告です。


【演題名】生体肝移植・脾摘後の胃癌手術において、術中ICGによる血流評価が有用であった症例
【セッション名】一般演題(示説)「胃:悪性疾患(化学療法なし)5」

発表の際は砂河先生、福本先生が応援に駆けつけて下さいました。
2回目のポスター発表で緊張しており、話すときの体の向き、スピード、声量はいまいちでした。会場は広く、他の発表者との距離も近いため、あまりいい出来とは言えませんでした。座長の先生が、このような症例はよくあるのかと質問してくださったのですが、当院での症例数を把握しておらず、指導医の砂河先生に補足して頂きました。私としては悔しい結果でしたが、今回の発表を通して多くのことを学ぶことが出来ました。この経験を今後の発表の場で活かしたいです。ご協力頂いた全ての方々に感謝申し上げます。

《学会報告》第81回 日本臨床外科学会総会(濵田 隆志)

令和元年11月14日(木)~16日(土)、高知県高知市、ザクラウンパレス新阪急高知にて第81回 日本臨床外科学会総会が開催されました。以下は参加された濵田隆志先生からの報告です。


〈全体の感想〉
高知開催でした。会期2日目の11月15日は坂本龍馬の誕生日であり、商店街には幟が出ていました。また、子供たちのヒーローアンパンマンの作者である、やなせたかしの出身地で道ばたにアンパンマンを見つけました。
5ヶ所会場がありました。私が発表したところはメイン会場と少し離れていたところでしたが、バスで移動でき不便は感じませんでした。学会は若手医師への提言、働き方改革などの現在の問題点?の話から、近年急速に伸びているロボットのセッションを多く見受けられました。個人的には野球解説の江本さんの野球の話(大谷翔平の二刀流について、セパのDH制について、最も怖かったバッターについてなど)を聞けて面白かったです。(ご自身の胃癌の闘病についての特別講演でしたが)
私のことですが、夕方の発表であったので今回はじめて発表当日に学会に到着しました。2日目は発表がないことことからもいろいろなセッションを余裕を持って聞くことができ、大変勉強になりました。今後は近くで夕方からの発表の場合は、当日入りも検討しようと思いました。

〈発表について〉
 生体肝移植後の早期再手術について発表しました。

Q.移植レシピエントの背景肝は何が多いか?
A.これまではHBV、HCVなどのウイルス性疾患であったが、DAAなど登場により減ってきている。そのため、現在はアルコール性肝障害、NASHなどが増えている。

Q.再手術後の死因は何か?再手術の理由と同じなのか?
A.手術をすることで大きな侵襲が加わり、感染症を発症し亡くなるケースもあるために、必ずしも再手術の理由(血管合併症や腹腔内感染、術後出血)と同じではなく、複合的な要素が絡んでいる。

《学会報告》第81回 日本臨床外科学会総会(福本 将之)

令和元年11月14日(木)~16日(土)、高知県高知市、ザクラウンパレス新阪急高知にて第81回 日本臨床外科学会総会が開催されました。以下は参加された福本将之先生からの報告です。


〈演題名〉
当院における急性胆嚢炎開腹症例の検討 〜TG18に準じた術中所見と客観的評価〜

〈要旨〉
急性胆嚢炎に対する腹腔鏡症例の手術難度をスコアリングし、点数が高いと開腹移行率が高いという結果を示した。しかし、開腹移行を想定しつつも開腹前にガイドラインが推奨する手術手順や手技の工夫があることを開腹移行せずに腹腔鏡を完遂した症例を参考に報告した。

〈会場からの質問〉

Q点数が何点以上の高難度症例は、開腹移行の基準にしているということはありますかか。
A基準などはありません。高得点だから開腹移行するというわけではありません。


Q推奨手術手順通りにいかない症例は底部からいったり、開腹するということでしょうか。
A胆嚢底部から剥離するようにアプローチを変えたり、開腹移行を考慮しつつも開腹前にポートを増やして視野展開できないかなど工夫を考えると思います。

〈謝辞〉
発表に当たって、指導いただいた谷口先生、野田先生、平原先生、松本先生、松隈先生、ありがとうございました。

《学会報告》第11回 日本Acute Care Surgery学会学術集会(川口 雄太)

令和元年10月25日(金)~10月26日(土)、沖縄県国頭群、沖縄科学技術大学院大学にて第11回日本Acute care surgery学会学術集会が開催されました。以下は参加された川口雄太先生からの報告です。


【演題名】経肛門的小腸脱出を伴う直腸穿孔の一例

発表の際は、江口教授が応援に来て下さいました。
座長は指導医の井上悠介先生と山村仁先生でした。熱心に指導して下さった先生方への恩返しのためにも優秀演題に選ばれるよう努力したのですが、素晴らしい発表をされた他病院の先生が選ばれました。私としては悔しい結果でしたが、今回の発表を通して多くのことを学ぶことが出来ました。この経験を今後の臨床の現場で活かしたいです。ご協力頂いた全ての方々に感謝申し上げます。

《学会報告》第72回日本胸部外科学会定期学術集会(江口 晋)

令和元年10月30日(水)~11月2日(土)、京都市左京区、国立京都国際会館にて第72回日本胸部外科学会定期学術集会が開催されました。以下は参加された江口晋先生からの報告です。


京都での胸部外科学会の再生医療のシンポジウムに、指定演者として招聘されました。
座長を澤教授、山中教授にお務め頂き、食道の再生医療につき講演して参りました。
山中教授からは、再生医療には最終的には外科医が重要となる とのお言葉を頂きました。


e.jpg